FC2ブログ
うん・・・僕はチャンプでPT後衛火力になりたかった。それだけだったんだ。生きた指弾情報お届けします  -RO SES鯖の極DEXちゃんぽんのメモ置き場-
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
残影か金剛か、それが問題なんだ
数日前にも書いたけれども、モンクにはチャージやアンクルのような優秀な自衛スキルが無いのが弱み・・


正確には、「防御スキルは幾つかあるが使いどころが限定される」と言うべきだったでしょうか。
そこで今回は、お隣韓国のオンラインゲームROより、金剛・残影の使い道検証の世界へ皆様を御案内しよう(世界まる見え風


それにしてもこのORAIN、ノリノリである
うざったいから変な文体で書くのはここら辺にしておいて。。


金剛・残影について。



【金剛】

鬼DEFになれる面白スキル。特化したモンクは中々にタフで、VIT前衛とも充分渡り合える耐久力だと思います。ネックとなるのは、進軍速度、他のスキル使用不能、タゲを奪い返すのが苦手という点でしょうかね・・

で、後衛モンクがこれを使いこなせるかというと、当たり前だけどちょっとMobにタゲられた程度で金剛してたら殲滅火力になれない。仕事しろ^^;

悩ましいのは前衛が潰れてPT全体の決壊が予見される場合に、一時的に建て直しの時間稼ぎを金剛で行うべきかどうかですね。これに対して残影でMobを画面外に捨ててくるという意見もあり、私自身まだ答えは出せてないのだけれども。。



【残影】

ノビティギ(^ω^#)
対人で非常に重宝されてるスキルですが、PTではどう使えば有効なのか・・・難しいなぁ。

他職に狩りでの残影の使い道がどう捉えられているかというと恐らく
Mobを引っ張る釣りスキル
これに尽きるのではないだろか


しかし、高ASPDないし多数の敵に既に張り付かれてしまった後に、残影で敵を捨ててくる事が出来るかといえば、敵の移動速度によっては厳しい場合もある


screenses232.jpg


↑は、説明のためにわざと窓手にボコボコにされに行った成果。説明しやすい良い画が撮れたと自画自賛(*ノノ)

このSSでは自キャラが画面中央に居るように見えているけども、実際には残影はちゃんと成功しており、カーソルで指定された座標にちゃんと移動出来てます。その証拠に移動先一帯に向かって窓手がQMを詠唱、アイコンより私がそのQMの影響下に居る事がわかりますね。この現象は、体感だと残影と同じタイミングで被弾した時になるっぽい

言い方を変えると、キャラの座標は移動出来ているのに画面がそれについてこないという意味

例えば、

■・・・残影の移動先
||・・・自分の視野、指定出来るセル範囲
自・・・自キャラの本当の位置

①|□□□自□□■|□□□□□□
残影!
②□□□|□□□自□□■|□□□
残影!
③□□□□□□|□□□自□□□|

このような手順で最終的に③の位置に移動したい場合、上記の現象が発生すると

①|□□□自□□■|□□□□□□
残影!
②|□□□□□□自|□□★□□□

2回目の残影で★の位置に移動したいのだが、視野外なため、クリックすることが出来ない

画面を自キャラの本当の座標についてこさせるためには1歩あるかなければならず、この時にヨーヨー現象を起こす。


まぁ大層な書き方をしたけど、規模の大きな位置ズレというだけだったりw


この位置ズレやらヨーヨーやらをしている途中に、動きの早い敵には追いつかれて被弾するので私のような低VITではHP管理が怖い><


私はそこまで残影をPT狩り中に使わないほうだと思うんだけど(ちょろちょろ動くと味方を混乱させると思うので・・・特に支援を)、前衛を交差するように残影してタゲをなするのなら結構アリっぽいですね



さて、ここまでぐだぐだ書いて来た釣り性能、タゲ外し性能というのは残影の移動の早さという点に着目した運用法でしたが。
残影のもう一つの特徴である
指定した座標に必ず移動出来る事
当たり前だろと言われるかもしれないけど、これって実は超便利なのでは?


こちらの特徴を生かした立ち回りは、次回に紹介。。


この記事を書きかけている時にリューさん、湯村にオーディン神殿のトリオを誘われて、行ってきました。色々反省点も多かったけど、残影を使う場面が幾度かあったので、そっちで残影についてもう一度ぴっくあっぷ>w<


すごい時間になっちゃったので今日はもう寝・・・Zzz
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。